Attitude Attitude Attitude
Attitude




Attitude
Attitude
屍忌蛇
屍忌蛇(アニメタル - Gu)
アニメタル初代ギタリスト
自身のバンドがすっかり売れなくなり、お笑いに転向を画策するが年下の芸人との人間関係に悩む。そんな時、映画作りの噂を聞きつけ、自ら売り込み、るろうに剣心の緋村剣心役をもらう。しかし、彼も出番がなかなか来ない。

彼にとってのロックとはコスプレ。

-->
DYNAMITE TOMMY
DYNAMITE TOMMY(監督 シナリオ)
80年代後期に「東のX・西のCOLOR」と称されX-JAPANと人気を二分し、ヴィジュアル系の元祖としても知られるバンドCOLORのボーカリスト。

90年代中期に早々とバンド活動を引退し、インディーズレーベル「フリーウィル」のプロデューサー兼代表となる。

その後、ロックバンドDir en grey(ディルアングレイ)のプロデューサーを務め、世界進出を果たしたほか、kannivalism(カニヴァリズム)、the studs(スタッズ)、the GazettE(ガゼット)、雅-miyavi-(ミヤヴィ)、baroque(バロック)、蜉蝣(かげろう)といったバンドを世に出す。

また「グラップラー刃牙」のTVアニメ化を企画。
雅-miyavi-主演の映画「おれさま」ではシナリオを担当。

本作は初の監督作品となる。

TAIJI
TAIJI(音楽監督)
【本名】沢田泰司
【出生日】1966年7月12日
【血液型】A型

【経歴】
1986年 Xへ正式加入
1989年 Xメジャーデビュー
1992年 X脱退
1992年 LOUDNESS加入
1993年 LOUDNESS脱退
1994年 D.T.Rを結成
1996年 D.T.R事実上の活動休止
1998年 Cloud Nineを結成
1998年 音風結成

2008年 現在、バンドメンバーと、音楽プロデューサーとして活動中。
本作では音楽監督を務めている

JOE
JOE(G.D.FLICKERS - Vo)
思わぬ事をきっかけに、売れなくなったかつてのバンド仲間達に映画制作を提案。自身は監督に治まりロック版新撰組を撮る。

彼にとってのロックとは自由。

井上 篤
井上 篤(ニューロティカ - Vo)
80年代後期、ピエロのメイクで一世を風靡したニューロティカのボーカリスト。JOEの映画作りのアイディアを実行するよう勧め、自身はプロデューサーを引き受ける事に。

彼にとってのロックとは哲学。

仲野 茂
仲野 茂(ANARCHY - Vo)※友情出演
伝説のパンクバンドANARCHYのボーカリスト。
一切の悔い無く自身のロック人生を駆け抜けたカリスマ。

彼にとってのロックとは生き様を貫くこと。

CRAZY DANGER NANCY KENchan
CRAZY DANGER NANCY KENchan(かまいたち - Dr)
結婚する為人気バンドを辞めてまじめに働くが、離婚され全てを失なう。
そんな時JOEに誘われ、近藤勇役で映画に出演。

彼にとってのロックとは愛。

RYO
RYO(BY-SEXUAL - Vo)
曰くつきのバンド名バイセクシャル。
メジャーデビュー後、ダウンタウンらにへたくそバンドだと罵られ、ヒロミ(B21スペシャル)らとBY-SEXUAL21に扮するなど、メディアを賑わせた。
決して逆らわないGEORGEの敏腕マネージャーだが、タレントを商品としか見ていない、冷酷な一面を持つ。

彼にとってのロックとは、そうビジネスのみである。

GEORGE
GEORGE(LADIES ROOM - Ba)
1991年にメジャーデビュー、2度の日本武道館公演を果たす。
1996年解散も復活を遂げ活動中。
ロックバンドで成功を収めながら、ビジネスマン達にうまく取り入りエンターテイナー、すなわちロックスターの地位を確立。
JOEと同世代で唯一の超売れっ子。

彼にとってのロックとはスター。

DEN
DEN(BY-SEXUAL - Ba)
曰くつきのバンド名バイセクシャル。
メジャーデビュー後、ダウンタウンらにへたくそバンドだと罵られ、ヒロミ(B21スペシャル)らとBY-SEXUAL21に扮するなど、メディアを賑わせた。
自身のバンドも忘れ去られ、世間とのハザマに陥っていた時に、映画の話を聞きつけJOEに出演を打診。新撰組三番隊隊長、斎藤一役を演じる。

彼にとってのロックとはプライド。

屍忌蛇
屍忌蛇(アニメタル - Gu)
アニメタル初代ギタリスト
自身のバンドがすっかり売れなくなり、お笑いに転向を画策するが年下の芸人との人間関係に悩む。そんな時、映画作りの噂を聞きつけ、自ら売り込み、るろうに剣心の緋村剣心役をもらう。しかし、彼も出番がなかなか来ない。

彼にとってのロックとはコスプレ。

大矢 侑史
大矢 侑史(SHADDY DOLLS - Vo)
13年間で1000本を超えるライブ活動を行い、梶原一騎17回忌追悼記念作品「ふたりのジョー」オリジナルアニメの主題歌も手がけた。
借金苦に一発逆転を狙い映画に参加。新撰組最強を誇った沖田総司役を得る。

彼にとってのロックとは不良。

SHINTANI
SHINTANI(RAPES - Vo)
関西のハードコア界の重鎮。
JOEに突然映画出演を依頼され、なんとなく参加。
新撰組には登場しない、柳生十兵衛役を押し付けられる。

彼にとってのロックとは絆。

KATSUTA
KATSUTA(鉄アレイ - Ba)
東京ハードコアの中心的存在、鉄アレイのベーシスト
彼らの溜まり場のBAR「チェリーボム」に不順な動機で顔を出した為、アニメ「るろうに剣心」の志々雄真実役をやる羽目になる。
が、なかなか出番が回ってこない。

彼にとってのロックとは○○ッグ。

カッチン=ちんこ先生
カッチン=ちんこ先生(ワクチン5)
ロックとお笑いを勘違いしていたからか、自身のバンドで日の目を見た事は無い。40歳を超え、お笑いに転向。壮絶ないじめにも家族の為に耐えつづけているが、映画の話を聞きつけ、一発あてて現状打破を狙う。

彼にとってのロックとは笑顔。

遠藤 ミチロウ(THE STALIN - Vo) ※友情出演
逸見 泰成(ANARCHY - Gu) ※友情出演
PATA(X JAPAN - Gu) / KEITH(ARB - Dr) / 岡本 雅彦(ANGIE - Ba)
宇梶 剛士 / なべ やかん / 大仁田 厚 / 春一番
KATARU(ニューロティカ)/シズヲ(ニューロティカ)/NABO(ニューロティカ)
石坂マサヨ(ロリータ18号)/AKI(THE DEAD POP STARS)
TAIJI(THE DEAD POP STARS)/HARA(G.D.FLICKERS)/HAKUEI(G.D.FLICKERS)
DEBU(G.D.FLICKERS)/EVAKAN(JOLLYPICKLES)/ITOTAN(JOLLYPICKLES)
キャット(Nickey&WARRIORS)/林田 正樹(横道坊主)/GO/満/椿 真一(8-eit)
井田 知孝(8-eit)/本城 さゆり/宝来 みゆき/和木 ちえり